任意整理のデメリット・メリットに迫るサイト

任意整理の弁護士費用の相場

任意整理デメリットならこちらが参考になります。

 

任意整理によって債務問題の解決を図る場合は、弁護士に依頼して代わりに債権者と交渉してもらうのが一般的です。弁護士に任意整理を依頼した場合に支払わなければならない弁護士費用には、着手金、成功報酬、減額報酬、過払い報酬の4種類があり、実際に支払うのはこれらの費用の合計に消費税分を上乗せした金額になります。
着手金は、弁護士に依頼をした場合にあらかじめ支払う弁護士費用です。任意整理にかぎらず、弁護士に法律相談や事案処理の依頼をした場合は、依頼内容に応じた着手金を支払わなければなりません。着手金は、1債権者あたり0円から8万円の間で弁護士費用が設定されるのが相場となっています。中には、貸金業者などを対象に行う通常の事案と商工ローンやヤミ金業者などが交渉相手になる特殊な事案とで費用を分けて設定していたり、交渉を行う債権者の数に応じて1債権者あたりの費用を安くしている弁護士事務所もあります。
成功報酬は、交渉によって弁済の条件変更など、何らかの成果が出た場合に支払う弁護士費用で、着手金と同程度か、それに若干の金額が上乗せされた金額が相場となっています。減額報酬は、債務の減額に成功した場合に発生する弁護士費用で、減額させられた金額の10%前後が費用の相場です。過払い報酬は、過払い金の返還に成功した場合に発生する弁護士費用で、回収に成功した金額の20~25%程度が費用の相場となっています。
弁護士費用の支払いは一括払いが原則ですが、多くの弁護士事務所では分割払いにも応じてくれます。分割払いによって利息はつかないので、費用が工面できそうにない場合は遠慮せずに弁護士に相談しましょう。