任意整理のデメリット・メリットに迫るサイト

任意整理の後悔や失敗談

任意整理は自己破産とは違い返済していくことを目的としているため、人によってはそれほど楽な返済にはならない場合があります。そのため任意整理を行わない方が良かったという後悔が出てしまいますので、後悔せずに返済していくには利用する前に状況の把握が必要になってきます。任意整理では弁護士や司法書士が債権者と交渉し、過払い金の有無や金利のカットについて和解するのが内容となります。手続きを進めても過払い金が発生しない場合には元本の減額ができないため、返済していくことが基本となる任意整理では苦しい返済を続けることになります。一般に消費者金融の融資には過払い金が発生しますが、クレジットカードの利用ではほとんど過払い金が発生しないため、返済額の減額が期待できない状況となります。そのため苦しい返済によって後悔が出てきますので、任意整理の他にも個人再生や自己破産を選択することを視野に入れる必要があります。後悔のないようにするためには、債務整理の手段を選ぶことが大切ですから、依頼する弁護士や司法書士と十分に相談の上で進める必要があります。最近では債務整理を専門には使う司法書士や弁護士が多くなっていますが、依頼者の内情を把握せずにすぐに交渉にはいってしまうケースもあります。ですから内情を話十分に相談してから進めることが大切なのです。基本的に返済していくことが任意整理の条件ですから、返済できない金額の場合には利用できないのです。

 

要チェック!任意整理費用の事前確認はこちら