任意整理のデメリット・メリットに迫るサイト

任意整理のデメリット・メリットに迫るサイト

任意整理のデメリットとは

 

最近、様々な媒体で、債務整理という言葉を耳にするようになっており、借金問題はきちんとした解決策があるという認識が広がってきているようです。一昔前までは、恐喝じみた取り立て屋がいたり、借金地獄で女性が風俗業界に身を落とさなければならないといった、映画やドラマのようなことが本当に起こっていましたが、今は借金問題は正しい知識や情報さえ持っていれば、解決策はあり、健全な生活を立て直すことは可能だということが広く浸透しています。借金返済に困ったら、弁護士事務所へ行き法律のプロに相談すれば、的確なアドバイスが受けられるはずです。一般的に債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産といろいろな方法がありますが、中でも任意整理はデメリットが少ないので任意整理がお勧めです。個人再生や自己破産は、借金が大幅に減らせるか払わなくてよいというメリットはありますが、その後の人生においてあまりにも制限が多く、人によってはデメリットの方が多いのものとなりがちです。任意整理は他の二つに比べると、借金総額の圧縮度は低いかもしれませんが、それでも今まで返済した分も含めての金利見直し計算がなされるので、借金総額の減額が見込めるというメリットはあります。また任意整理を行うと、債権者からの電話や書類などが一切なくなるので、精神的なストレスが回避できるという最大のメリットがあります。唯一のデメリットといえば、任意整理後数年間は、新たな借金ができない、クレジットカードなども作れないということだけで、それも5年ほどたてば作れるようになります。

 

 

近年、様々な媒体で、債務整理という言葉に触れるようになっていますが、一昔前まではこういった専門用語を理解している人はほとんどおらず、借金に苦しめられている人を救う方法があるという認識はあまり浸透してはいませんでした。最近はテレビコマーシャルなどでも流れており、毎月借金返済に苦しめられているのであれば、法律事務所で弁護士に相談するように推奨されているので、実際に行動を起こした経験のある方も増えているようです。借金問題は、正しい情報さえ持っていれば、必ず解決策はあるものなので、やけになって自暴自棄になったり、逃げ隠れする必要はないのです。さて債務整理には様々な方法がありますが、いずれにしてもメリット、デメリットがあるので、総合的に判断し後から後悔しないように慎重に行いましょう。借金履歴、総額、収入、年齢、そういった条件をかんがみて、弁護士が的確に判断してくれるので心配はありませんが、ある程度の知識は自分でも勉強して入手しておきましょう。中でも任意整理は最もデメリットが少ない債務整理といわれており、支払い能力があるのならお勧めです。任意整理は今まで支払ってきた返済分も含めて、見直し計算がなされるので、借金総額が圧縮されるというメリットがあり、任意整理依頼後は債権者とのやり取りはすべて弁護士が引き受けてくれるので、精神的なストレスがなくなるというメリットも大きいです。唯一のデメリットは、債務整理後数年間は、ローンを組むなどの新たな借金はできないということ、クレジットカードが作れないということだけです。しかしそれも約5年ほどでなくなります。

 

任意整理のデメリット

 

借金問題で悩んだ場合はできるだけ任意整理デメリットの少ない方法で解決できるようにしたいものです。
債務整理を行う場合も、それぞれ特徴には違いがありますので、まずはよく理解し、ベストな方法を選んでいきましょう。

 

自己破産の場合は借金がなくなることは最大のメリットですが、そのかわりに財産を失うなどのデメリットもあります。
自宅など価値のある財産を持っている方の場合は他の方法を選ぶことで、不動産などの大事な財産を守っていくことができます。

 

自己破産以外では個人再生や任意整理がありますが、中でも任意整理はメリットの多い方法として知られています。
まず自己破産や個人再生の場合は裁判所を通した手続きが必要で、それゆえに時間もかかり、手続きが難しいこともありますが、任意整理の場合は裁判所の手続きがなく、直接債権者と交渉することができますので、手続きもより簡単となり、スピーディーな解決が期待できます。

 

さらに整理したい借金を選ぶこともできますし、過払い金があればそれを取り戻すこともできますので、それだけでもかなり借金を減額することができます。
職業や資格の制限はなく、財産が差し押さえられることもないなどもメリットと言えるでしょう。

 

任意整理は、債権者が交渉にすんなり応じてくれない場合もあり、こうした場合は専門家のサポートも必要となってきます。
さらに、借金はかなり減額できるものの、なくなるわけではありませんので、返済計画はきちんと立てておく必要があります。
任意整理をした情報は信用情報に掲載されることとなりますので、数年間は新たにカードを作ったり、借金をすることは難しくなります。

リンクX1_top1
更新履歴